読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな感じです in 秋田能代

STUDIO FNCの代表の青田ZAPのブログです。東京出身で、街おこし活動の為に秋田県能代市に移住しました。 街おこしや、秋田の魅力、活動レポートなどを自分の感情を大いに含めて書き綴ります。 日記みたいに書いていくので、どうか気軽にお付き合いください。 ちなみに鉄道マニアでもあるため、ブログの半分は鉄道ネタが多いです。 特にE6系こまちと、E233系が大好きです。

2017/02/26 京成3500形(未更新車)に想いを馳せて

ZAPのはなし デザインのはなし 鉄道のはなし

銀座線01系が2017年3月12日に引退することに寂しさを覚えているのもつかの間、今度は、京成からも寂しいお知らせがやってきた。3500形(未更新車)のラストランが2月26日に行われるということだった。これもまた、お世話になった車両が姿を消すことになるとは。京成にも3000形の新形式が投入され始めて既に14年を迎える。その波は、いよいよ、京成最古参となったこの車両も淘汰する時がやってきたのだった。少し寂しいようなそんな桜の季節を今年は迎えることになりそうだ。

f:id:studiofnc:20170226124838p:plain

3500形が登場したのは、1972年(昭和47年)。その年、札幌冬季五輪が開催されたり、あさま山荘事件があったり、そして、日本の鉄道が開業100年を迎えたのもこの年の出来事だった。田中角栄氏の日本列島改造論もベストセラーになった年。まだまだ日本が元気で、通勤事情はますます需要が高まり、郊外へのニュータウンも広がる一方。そんな中に誕生したのが、この3500形だった。京成の通勤車両としては初の冷房装置を設置した車両である。

この車両には、何度も何度も、数え切れないほどの乗車した思い出がある。実は、朝の通勤ラッシュに3500形がやってくるとげんなりした思い出がある。自分が乗っていた時代は、既に3500形未更新車は4両編成化されており、ラッシュ時間帯の4両編成は、とにかく乗車率が半端なく、そして、ブレーキの効き具合がとにかく強くて、満員の車内では、立っているのが辛かった。そんな思い出ばかりかと思えば、そうではなく、呑んだくれて帰ってくる京成上野始発に乗った時、休日の早朝ということもあり、ほとんど人は乗っていなく、じっくりと車内を観察できたことも。

緑色の床面、冷房装置を補助するための扇風機。今では珍しくなってしまった全面サボ。窓枠は、茶色く変色していて、赤と青の帯もところどころが剥がれてたり。いつまで走り続けてくれるのかななんて思っていましたが、終焉の時がやってくるとやはり、寂しいものだ。最近では、4両編成の運用が減った上野方面に顔を出すこともほとんどなく、もっぱら、千葉線や、津田沼以南での運用が多く、その勇姿は、なかなか見ることも出来なくなっていた。いつの間にか朝の通勤時にやってくるのは、3000形ばかりになっていて、少しづつ3500形が減ってきていることさえも気付かないままだった。もしくは、気付かないフリをしていたのか。

登場から20年が過ぎた1995年頃から、大規模な更新工事が行われ、当時在籍した96両中、56両が更新された。全面の〝顔〟も大幅に姿を変え、内装も大きく変わった。まるで、新しい車両の登場だった。しかし、この更新工事は、1976年以降に登場した3500形には行われることがなかった。予想以上の更新コストがかかり、新型車両投入の方が懸命と判断されたのだった。そのため、40両の未更新車が残ったのであった。

そして、2003年に新3000形が投入されるのと同時に、廃車が始まった。今日までに少しづつその数は減っていき、いよいよ2017年2月26日、最後の3588編成が臨時団体列車でラストランを迎えることになる。


animation CG 「さよなら京成3500形未更新車」

最終日まで、自分は、とうとうその勇姿を見にいくことが出来なかった。

だからこそ、このとてもお世話になった愛着のある車両に向けて、アニメーションを製作した。

時代は、進む。新しいものへと変わっていく。古いものが歴史に変わり、人々の記憶の中へとその存在場所を変える。どんな日もどんな時も多くの人々を乗せ、色々な思い出や、思いを繋いできた鉄道車両がまたひとつ、歴史に変わろうとしている。

快適な列車が登場していくのも利用者にとっては良いことだけど、やっぱり、思い出のある車両がいなくなってしまうのは、寂しいものだ。ともあれ、約45年もの間、京成を走り続けた3500形未更新車。本当に長い間お疲れ様でしたの一言に尽きる。

 

※この記事は、STUDIO FNC Webの記事ページを再編集したものです。

www.studiofnc.jp

2017/02/21 春がもうすぐそこに

ZAPのはなし デザインのはなし 日常のはなし

と。願いたい。

毎日、毎日、雪ばっかり。ほんと、こんな天気が続くと、気も滅入りますね。

よくぞ、東北の方々は、こんな環境の中で暮らしてきたなと驚くばかりです。あまりにも自分には耐え難い。

つまり、雪は、もうこりごりだってことです。

さて、そんな気分を払拭すべく、注文したのがスタバのSAKURAギフト。

f:id:studiofnc:20170219184948j:plain

f:id:studiofnc:20170219185013j:plain

f:id:studiofnc:20170219185136j:plain

先に言っておきます。想像以上に可愛すぎて、ちょっとメンズの自分は、外では使えません。。。

マグ、思った以上に、ピンクで、桜好きな自分としてはとても嬉しいけど、これ、職場で使ったら、ちょっと。。。笑

でも、女性が使ったら、めちゃくちゃGOODです!

そして、ORIGAMIは、3種類が入ってます。相変わらず美味しいです。有無も言わさず、美味しいです。

で、スタバカードです。今年のデザインは、色んな種類の桜が均等に並んだデザイン。春には最高のいい感じのデザインです。

しかーし、ちょっと、使うには勇気がいるかな。笑

f:id:studiofnc:20170219185044j:plain

再来週、東京に帰った際には、自分ではなく、ぜひ、女性に使ってもらいましょう。

桜好きなメンズも結構いるから、メンズ向きの桜デザインカードとかあったら嬉しいのにな。そしたら、普通にスタバで自信を持って使えるのに。。。

このギフト、販売開始から、あっという間に売り切れましたね。とりあえず、毎年気になってはいたけれど、とりあえず、会社の目と鼻の先にスタバあったから、買わなかったけど、今、こういう場所にいると、気軽に行こ!なんて出来ないので、ついつい、ポチッとしてしまいました。

あとは、とにかく、さくらブロッサム、早く飲みたい。。。毎年、この季節の超楽しみなんだから。。。毎日飲んでも飽きないぐらい楽しみの一つなのに。。。

去年は、あまりにも行きすぎて、スタバのお姉さんもお兄さんも完全に覚えててくれてて、行ったら、桜で良いですよね?って言われるぐらいだったんです。

ほんと、どんだけ通ってたんだっていう(笑)

 

というわけで、今年も、そんな感じで、久々のスタバネタでした。

はやく春こーい!!!!!

2017/01/19 プロ野球の大晦日!!

ZAPのはなし 日常のはなし デザインのはなし

どうもこんにちは。

 

さて、あっという間に年明けたと思ったら、1月が終わろうとしています。

早いですね、ほんと。

 

2月といえば・・・プロ野球が一気にキャンプインします!

というわけで、東京・渋谷の東京カルチャーカルチャーにて、1月31日に行われるスペシャルなイベント、

プロ野球キャンプイン前夜祭!!」

プロ野球のスタジアムDJや、元チアの方々が集まり、今季の野球についての話や、とにかく話題盛りだくさんでお届けするトークショー!

さらには、昨年まで、中日ドラゴンズ所属し、ソフトバンクや横浜DeNAでも活躍した多村仁志さんがスペシャルゲストで登場!!

f:id:studiofnc:20170112164518j:plain

ものすっごいゲストばかりの豪華なイベントです!

今回、このイベントのビジュアル製作を担当させていただきました。

自分も是非とも参加したかったのですが、仕事のため、行けません。。。

あー、東京遠い。。。

というわけで、是非、参加できる方は、行ってみてください!必ず最高のイベントになるはずです。

MCは、東北楽天のラジオDJや、侍ジャパンのレポーター、そして、横浜DeNAでスタジアムDJを4年間務めた南隼人さん!

楽しいイベントになること間違いなし!!!!!

チケット好評販売中です!

よろしくお願いいたします!!

eplus.jp

 

 

2017/01/07 ホームページをMuseでリニューアルしてみた

ZAPのはなし デザインのはなし 日常のはなし

みなさま。みなみなさま。

どうも、おそばせながら明けましておめでとうございます。

本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

ちなみに、このブログも4年目に突入ということで、あっという間ですね。

でも、前のアメブロ時代は5年ぐらいだったので、あとちょっとで追い越せそうです。←なにがっていう?笑

 

さてさて、年末年始は、どんなだったか。

そりゃ、もちろん地元に帰りました。東京と横浜を往復する嬉しい年末年始でした。久々に色んな人にも会えて、充実した帰省になりました。

というか、仕事もあって12月は、ほとんど東京にいました(笑)

 

秋田に帰ってきて、駅着いて〝あれ?全然雪ないじゃん。。。〟とか思って余裕でガラガラ引きながら家帰って朝起きたら一面銀世界になってました。そんな秋田なうです。

f:id:studiofnc:20170105123603j:plain

とりあえず、雪だるまつくって見ました。目と手はその辺にあったものを。

というか、雪がめっちゃサラサラなことにびっくりしました。なんせ、北海道も必ず夏に避暑地代わりに行ってたぐらいなので、東北方面の冬って新潟までしか経験がなく。。。さらさら過ぎて雪だるまがなかなか固まらなかったです。はい。

 

そして、完成してから1時間後・・・・・・・・・・・・・・

f:id:studiofnc:20170106124222j:plain

こんなになってました(*⁰▿⁰*)

ウモレチャッテルヨ。。。

東北の冬おそるべし。

 

 

さてさて、前置きが長くなりましたが、少しづつコツコツと進めていた我がSTUDIO FNCのホームページのリニューアル作業が無事終了し、本日午前0:00に公開となりました!

f:id:studiofnc:20170107024627p:plain

シンプルにかっこいいページを目指して制作を行いました。ずっとDreamweaver使ってやってましたが、今回初めてMuseを使用して制作してみました。

とりあえず、使った感想。ナニこれ、めっちゃいいじゃん!!って気付きました。

だいたい、ずっとAdobe CC月額払ってんのに、Muse入れてなかったことに後悔さえしました。

グラフィック専門で学んできたので、Webは独学で、どうしてもHTMLで作っているとつまずく部分があって、あー!!!ってなって、結局妥協したHPしか出来なかったので、今回、まるでインデザ使っているような感覚で使えるMuse、ハンパないです。はい。

インデザのWeb版って感じですね。あれ使える人なら、おそらく同じ感覚で使えます。しかもかなり自由度があって、外部のHTMLプラグとかも普通に埋め込めます。

どうしても届かない部分は、Museで完成したデータをサーバーにアップして、Dreamweaver使って編集しました。でもそんな大変な作業全くなくて、ほんと、思い通りのホームページが完成して大変ほっこりしております。

更に、ずっと念願だったスマホ用サイトも同時に制作することが出来たので、最高です。

更に、最近、海外からのデザインの発注と閲覧が増えていたので、英語ページも作成しました。

いやー、ほんと、Muse最高です。しばらく、ハマりそうです。この勢いで、もう一つぐらいなんかHP作るかな。とか言いたいのですが、別のお仕事も来ているので、しばらくは新しい仕事に集中したいと思います。

何はともあれ、是非、新しくなったSTUDIO FNCのホームページ、見てみてください。

www.studiofnc.jp

 オリジナルキャラの〝フップくんの部屋〟ページもようやく制作しちゃいました。

 

というわけで、いい感じの新年のスタート。

さ、今年はどんな年になるか。楽しみだ。

 

改めまして、本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

2016/12/10 冬になって思うこと

ZAPのはなし 世間のはなし 地域おこしのはなし 日常のはなし 秋田のはなし

どうも、雪が降る町からお届けしています。

秋田の北のほうでは雪降ったり、晴れたり、風強かったり、ほんと、毎日忙しい天気だなーなんて思いながら、ぬくぬくと暖かいところで仕事をしています。

先月、とある学校で講師として依頼され、出席した発表会がありました。そこではこの街の将来、未来像を学生たちが考え、そして街の未来図を発表するというものでした。

f:id:studiofnc:20161110140516j:plain

地方では、どこも人口減少という問題を抱えているのが現実で、きっとそれは、今後ずっと続いていく課題になるものだと思います。

学生たちの発表は、どれもよく調べられていて聞き応えのあるものではあったのですが、どうしても納得出来ない部分があり、最後の講評で言わせていただきました。

 

「どの発表もよく調べられていて素晴らしかったけど、一点だけ、どの発表も考え方が〝人口増加をさせるため〟という根幹があって非常に残念でした。人口増加は今後絶対に出来る可能性はないに等しいので、今いる住民たちで何が出来るのかという考えに改めた方が良いと思います。」

 

自分は、そう話したわけです。ただ、相手はまだ学生であり、その意見は、少し厳しすぎたかなと自己嫌悪になっていた次第です。。。

 

でもね、たまたま、同じメンバーの方が見つけてくれた記事で救われました。

やっぱり自分の考えは間違っていないと。

www.huffingtonpost.jp

この記事を読んでいただければわかるように、やはり人口減少は食い止められないんです。

 

 

こっからは、あくまで個人的意見です。

 

というか、そんな考え方をまだ持っているんですか?って話ですよね。人口増加させるためにどうしたらいいかなんて事を念頭において例えば、移住促進とかやってる自治体を多く見ます。

 

決して悪い事であると言っているわけではないです。

 

ただ、その事業を行う時間自体がかなり無駄であると思います。そんなの事業にする必要はないし、移住したいと思う人は勝手に来るはずです。その時にサポートが出来る制度を整えておけば良いだけで、移住を促進する事業自体なんてやる意味がほとんどありません。時間の無駄です。

 

では、どうするべきか。今いる人数で、何が出来るか。どこまで出来るかと考えた方が賢明です。

 

〝その街に対して、住民は何が出来るか、自治体は住民に対してどこまで出来るか〟

 

それを真剣に考える事で、新しい道筋が生まれて来ると思っています。

人口減少を逆に良い事を捉えて、減少しているからこそ、一人一人に対してきめ細かいサポートが出来る体制を整える事が今の地方に対する魅力に変わるのではないかと思います。

もちろん、人口が少ないからこそ、財源の収入は減るわけですが、減る分に合わせた事業を行なっていけば良いわけで、決して不可能な話ではないはずです。

 

高齢化、弱体化している地方なんて言われていますが、全くそんな事はなく、むしろ、地方の存在があるからこそ、都市部の機能が成り立っている事を忘れてはいけません。

なんでも揃う都市部。でも、なんでも揃うからこそ、その〝何でも〟の基礎を作り出しているのが地方である事も事実なはずです。

基本的な事で、当たり前のことなのですが、それが夢物語のようになっていて。

今回、学生たちの発表を聞いて、本当に残念な気持ちでした。それはきっと教えている大人の責任でもあるはずです。型にはまったことではなく、もっと柔軟な考え方を子供達に教えていかなければ、地方は間違えなく衰退します。

そんなことを思うわけでした。

 

 

ほんとは、もう少しあとにこうしたブログを書いていくつもりでしたが、さすがに、あまりにも人口増加させるためにはという考えが根強く残っていることを感じたので、書いちゃいました。