こんな感じです in 秋田能代

STUDIO FNCの代表の青田ZAPのブログです。東京出身で、街おこし活動の為に秋田県能代市に移住しました。 街おこしや、秋田の魅力、活動レポートなどを自分の感情を大いに含めて書き綴ります。 日記みたいに書いていくので、どうか気軽にお付き合いください。 ちなみに鉄道マニアでもあるため、ブログの半分は鉄道ネタが多いです。 特にE6系こまちと、E233系が大好きです。

2016/12/10 冬になって思うこと

どうも、雪が降る町からお届けしています。

秋田の北のほうでは雪降ったり、晴れたり、風強かったり、ほんと、毎日忙しい天気だなーなんて思いながら、ぬくぬくと暖かいところで仕事をしています。

先月、とある学校で講師として依頼され、出席した発表会がありました。そこではこの街の将来、未来像を学生たちが考え、そして街の未来図を発表するというものでした。

f:id:studiofnc:20161110140516j:plain

地方では、どこも人口減少という問題を抱えているのが現実で、きっとそれは、今後ずっと続いていく課題になるものだと思います。

学生たちの発表は、どれもよく調べられていて聞き応えのあるものではあったのですが、どうしても納得出来ない部分があり、最後の講評で言わせていただきました。

 

「どの発表もよく調べられていて素晴らしかったけど、一点だけ、どの発表も考え方が〝人口増加をさせるため〟という根幹があって非常に残念でした。人口増加は今後絶対に出来る可能性はないに等しいので、今いる住民たちで何が出来るのかという考えに改めた方が良いと思います。」

 

自分は、そう話したわけです。ただ、相手はまだ学生であり、その意見は、少し厳しすぎたかなと自己嫌悪になっていた次第です。。。

 

でもね、たまたま、同じメンバーの方が見つけてくれた記事で救われました。

やっぱり自分の考えは間違っていないと。

www.huffingtonpost.jp

この記事を読んでいただければわかるように、やはり人口減少は食い止められないんです。

 

 

こっからは、あくまで個人的意見です。

 

というか、そんな考え方をまだ持っているんですか?って話ですよね。人口増加させるためにどうしたらいいかなんて事を念頭において例えば、移住促進とかやってる自治体を多く見ます。

 

決して悪い事であると言っているわけではないです。

 

ただ、その事業を行う時間自体がかなり無駄であると思います。そんなの事業にする必要はないし、移住したいと思う人は勝手に来るはずです。その時にサポートが出来る制度を整えておけば良いだけで、移住を促進する事業自体なんてやる意味がほとんどありません。時間の無駄です。

 

では、どうするべきか。今いる人数で、何が出来るか。どこまで出来るかと考えた方が賢明です。

 

〝その街に対して、住民は何が出来るか、自治体は住民に対してどこまで出来るか〟

 

それを真剣に考える事で、新しい道筋が生まれて来ると思っています。

人口減少を逆に良い事を捉えて、減少しているからこそ、一人一人に対してきめ細かいサポートが出来る体制を整える事が今の地方に対する魅力に変わるのではないかと思います。

もちろん、人口が少ないからこそ、財源の収入は減るわけですが、減る分に合わせた事業を行なっていけば良いわけで、決して不可能な話ではないはずです。

 

高齢化、弱体化している地方なんて言われていますが、全くそんな事はなく、むしろ、地方の存在があるからこそ、都市部の機能が成り立っている事を忘れてはいけません。

なんでも揃う都市部。でも、なんでも揃うからこそ、その〝何でも〟の基礎を作り出しているのが地方である事も事実なはずです。

基本的な事で、当たり前のことなのですが、それが夢物語のようになっていて。

今回、学生たちの発表を聞いて、本当に残念な気持ちでした。それはきっと教えている大人の責任でもあるはずです。型にはまったことではなく、もっと柔軟な考え方を子供達に教えていかなければ、地方は間違えなく衰退します。

そんなことを思うわけでした。

 

 

ほんとは、もう少しあとにこうしたブログを書いていくつもりでしたが、さすがに、あまりにも人口増加させるためにはという考えが根強く残っていることを感じたので、書いちゃいました。

2016/11/27 まもなく師走がやってくる

秋もあっという間に終わり、冬がすぐにやってきましたね。

そんな11月の終わりに東京に一時帰宅しました。12月になればまた帰ってくるんだけど。

 

さてさて、今回の目的は・・・

 

f:id:studiofnc:20161124165022j:plain

ぬお!これは!

 

f:id:studiofnc:20161124155635j:plain

代々木の第一体育館の模型だ。

 

f:id:studiofnc:20161124160139j:plain

素晴らしい建物模型の数々。

ここは、今年の春にオープンした天王洲にある「建物倉庫」という美術館。

archi-depot.com

 

世界各国の有名な建築の完成予想模型が、たくさん展示されています。

なかなかこうした模型が一同に集まってるところを見るなんて出来ないけど、ここに来ればその夢が叶います。

あまり広くはないけれど、ギュッと凝縮された空間に、一つ一つかなりじっくり見て回ることが出来ます。なので2時間、3時間あっという間に過ぎちゃいます。

f:id:studiofnc:20161124161439j:plain

素晴らしい美術館。

ちなみに、天王洲って場所も好きなんだよなー。無駄に気取ってなくて、でもお洒落でベイサイドのすっごく居心地のいい街。

よく品川に勤めていた時、帰りわざわざ運河沿いを歩いて天王洲アイルの駅から帰ってました。

そんな素敵な場所にある美術館、ぜひ、足を運んで見るべし。

2016/10/28 いま、燃えているか

すっかりご無沙汰な当ブログです。

あ、はてブロさん、5周年おめでとございます!これからも素敵なブログ運営をお願いいたします。

 

さて、あまり「忙しい!」とかのアピールしたくないんですが、本当に目が回るぐらい忙しく、そして、なかなか休みなく働いております。まさか、秋田に来て、こんなにも忙しくなるなんて思ってなかったけど、やることが沢山ある事は良い事です。

f:id:studiofnc:20161019150729j:plain

すっかり秋田は秋になりました。滝見に行ってきました。本当に綺麗で最高です。

美しい秋の姿を見る事が出来ます。

さて、私が忙しいという理由。

f:id:studiofnc:20161028223814p:plain

こちら、秋田が誇る、プロバスケットクラブ「秋田ノーザンハピネッツ」が、能代で公式戦を行います。

普段、自分の作品を掲載する事はあまりありませんが、今回は特別に。実は、このポスターのデザインを手がけさせていただきました。他にもこのパブリックビューイングの企画を能代市地域おこし協力隊として、一緒に企画・運営協力させていただいております。

兼ねてから、こうしたパブリックビューイング能代で実施してみたいと思っていましたが、今回、このようなお話をいただき、協力させていただける事になり、本当に光栄です。

また、対戦カードが、栃木ブレックスという事で、バスケ+能代と聞けば誰もがわかる田臥勇太選手が能代に約18年振りの凱旋となる事もあり、大注目の対決となります。

チケットは完売のため、このパブリックビューイングを通して、更に応援してくれる方々が増えれば最高だなと思います。

 

また、会場内になってしまいますが、B.LEAGUEを取材した展示も展開しています。

f:id:studiofnc:20161028143535j:plain

こちらも、もし会場にお越しになる方がもし、このブログ読んでいたら、是非、見ていってください。冊子も配布しています。

 

そんなわけで、非常に突っ走ったこの秋。どうやら、せっかくの秋田で初めての紅葉も見る暇もなく、通り過ぎそうです。

でも、いま、燃えています。こりゃ、燃えるでしょ。

地域おこし協力隊って、色んな街で色んな形であるけれど、こういう関わり方もあるんだって指針が少しでも作れたらいいかなと思います。

着実に、一つずつ進めていかなければ。

さ、週末まで突っ走ります!

あっという間の11月を前に、こんな感じです。

 

 

f:id:studiofnc:20160110033737p:plain

 

2016/09/30 とにかく笑えれば

最後に笑えれば

情けない帰り道

はははと

笑えれば。

f:id:studiofnc:20160920154223j:plain

ハマの番長三浦大輔選手が昨日、引退しました。

あの日、〝三浦大輔投手が今季限りで引退〟そんなニュースを目にして、悲しいとか、やめないでとか思う以前に、本当にお疲れ様でしたという気持ちの方がデカイ。
 
プロ野球全く知りませんという自分でも唯一、知っていた選手。プロ野球に仕事で関わるようになって、初めてお会いしたのは長浦でした。
年明けたばかりで、今年もよろしくお願いしますって言ったら、おう!今年もよろしくなって。ほんと、惚れ惚れするぐらいかっこよくて。やっぱり、三浦大輔って特別な存在だったわけで。
自分にとって、ベイスターズでの最後の試合となった日も先発は三浦さんでした。

f:id:studiofnc:20160930100826p:plain

 
熱い試合が多くなり、勝つことに対しての情熱が強くさせ、ファンに対しての心を大切に、CSへと導いたベイスターズ
 
色んな選手が這い上がってきて、新しいベイスターズが出来上がってきていて、自分にとっては色んな想いもあるけれど、ほんと、三浦さんがいた時代に一緒に働けたことは、記憶喪失にならない限り、これからも一生忘れないと思います。
 
最後の119球。渾身の119球。一球一球が魂こもってて、でもやっぱり、ボロボロになっていく。勝ち負けじゃなくて、あれが野球、野球の真骨頂だよ。
 
最後の言葉、かっこよかったな。
〝現役は引退しますけど、三浦大輔はずっと横浜です。ヨ・ロ・シ・ク!〟
涙、止まりませんでした。ほんと、かっこいいってこういう事なんだなって。
 
カッコイイ、ハマの番長、本当に25年間お疲れ様でした。
最後のVTRでもファンの一人が言ってたけど、三浦大輔は自分にとってのずっとずっとバイブルです。

2016/09/10 やってきた秋の気配を感じて

すっかり、気分は秋モードです。秋田は涼しくなってきました。毎日の気温が30度を超えていた8月も終わり、9月に入ると27度〜25度ぐらいを推移しています。

過ごしやすく、夜は寒いです。

そんな残暑もあった9月3日、能代市プロジェクションマッピングを行いました。


プロジェクションマッピング in 能代市子ども館

こういうのは、写真よりも動画を載せたほうがわかりやすいと思うので、正味1分半、お楽しみください。

やってみてわかったことですが、多くの課題と反省点がありました。

なんとか放映出来たことは良かったかなと思います。

ただ、イベント運営はトラブルが付き物であり、それをしっかりと理解した上で、実施の構成を立てないといけないと思います。

とにかく、色んなことを学んだイベントでした。決して成功とは言えないけれど、これ、絶対一人じゃ無理でした。

東京から能代まで、はるばるヘルプに来てくれた2人の仲間が救ってくれたこと、本当に感謝です。

本当に動画制作にも時間かかったし、追われることもあって、ほんと、ドキドキがずっと続いていた感じで、終わってからの一週間はほんと無気力でした。。。

やっと少しずつ、エンジンをかけ始めた感じかなと。

イベントって、来場者数とか、そういうのを想定しなきゃいけないし、どんなにリハでうまくいっていても本番で出てくるトラブルが多くあること。そして、何よりも初めてやったことが経験のないことに挑戦するという点で、いつも以上の緊張感があったことは確かです。

終わった瞬間は、本当に自己嫌悪になるぐらい落ち込みましたが、やっと一週間を経て落ち着いてきた感じはあります。改めて見ると、凄いことやったんだなって思ったり。

 

イベントが終わった次の日の夕方、日本海を見ると天使の梯子ってやつが見れたり、その夜は、山にいって星見たり。

f:id:studiofnc:20160904174330j:plain

https://www.instagram.com/p/BKF4Aguj0ZV/

Star night in akita...#japan #star #sky #night #秋田 #星空 #星

そうやって、自然に触れることで自分を取り戻して、そして何より信頼出来る仲間がそばにいてくれたことで全てを取り戻すことが出来ました。

 

そんなイベントのあと、代休をもらい、せっかく東京から来てくれた2人を連れて一路男鹿半島へ。

https://www.instagram.com/p/BKEuAwLjcfP/

paddy and sky!!!#秋田 #日本海 #sky #自然

もうすぐ収穫のお米を見て、

f:id:studiofnc:20160905145113j:plain

すっごい景色見て、

f:id:studiofnc:20160905153014j:plain

赤神神社の五社堂を見に、山に登って行ったり、

f:id:studiofnc:20160905155853j:plain

ちなみにあまりにも大変で汗だくになって、ほんと登りきった時の達成感は半端なかったり、

f:id:studiofnc:20160905164444j:plain

なまはげにも会えたし、ちなみに写真は像だけど、なまはげ館にも行きました。

f:id:studiofnc:20160905170202j:plain

最後にはゴジラにも会えて。

 

いい旅だったな。ほんと。自分の住んでるとこから少し車を走らせただけで、こんな景色の場所に行けるなんて。ほんと、最高です。

 

色んな想いがあって、色んなことがあるけれど、やっぱり、東京にいた時に経験できないことたくさん出来て、それが全て自分の力になってきている。

地域おこし協力隊って、色んな街にあって色んな批判もあるけれど、今、やっている人たちは生半可な気持ちで移住してるわけじゃない。人生かけて来てるんだから、そんな人たちを国の税金の無駄遣いだの何もできない奴らだのと批判するのはおかしいと思う。いつまでたっても成長出来ない人間も中にはいるけれど、批判ばっかじゃ何も変わらない。

 

もうすぐ移住して半年が経つ。やがてやってくる冬もまた、自分にとっては未知なる経験の幕開けだろう。

 

少なくても今、秋田で充実している。

 

そんな感じ。

 

 

f:id:studiofnc:20160110033737p:plain