読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな感じです in 秋田能代

STUDIO FNCの代表の青田ZAPのブログです。東京出身で、街おこし活動の為に秋田県能代市に移住しました。 街おこしや、秋田の魅力、活動レポートなどを自分の感情を大いに含めて書き綴ります。 日記みたいに書いていくので、どうか気軽にお付き合いください。 ちなみに鉄道マニアでもあるため、ブログの半分は鉄道ネタが多いです。 特にE6系こまちと、E233系が大好きです。

2016/06/10 青森駅周辺をぶらぶら散歩

来たで北で。青森の陸奥湾

青森駅に到着し、まずは、飯!!と、駅前の有名な「おさない食堂」へ。

tabelog.com

ホタテフライ定食をぺろりと完食。

・・・あ、あまりにもお腹すきすぎてたので、写真撮るの忘れちまった。。。

ま、いっか。

f:id:studiofnc:20160610143812j:plain

そして陸奥湾へ。うーん、気持ち良い!!海風、サイコー!!

むむ??あの三角の建物はいったいなんだろ。

気になるなる。。。

ってわけで、行ってみた。

f:id:studiofnc:20160610145921j:plain

f:id:studiofnc:20160610150009j:plain

これは、これは、展望台ですた!!

観光物産館アスパムという建物です。

いやー、眺めが最高です。というか、周りに高い建物がないから、本当、景色がばっちしですわ。

素晴らしい。下北半島もくっきりですね。

もしかしたら、函館とかも見えるのかなとか思ったけど、わかんないからま、いいや。

 

いい感じに、景色を堪能し、下に降りると、「青い森鉄道写真展」なるものが開催されていました。地元、青森を走る第三セクター青い森鉄道は、元の東北本線。新幹線開業に伴い、並行在来線として、経営分離された鉄道です。

この並行在来線問題に関しては、自分は本当、納得いかない方法として、以前から批判してますが、今回は割愛します。

 ふらりと立ち寄ってみると、これはまた素晴らしい写真の数々が!!

綺麗な風景の中にある青い森鉄道の車両。雪が降る写真なんか、本当に感動しました。

撮影している齋藤さんとも出会い、お話をゆっくり聞かせていただき、本当に感動しました。

毎年、この時期に開催するそうなので、来年もまた、別のテーマの写真を見に行きたいと思います!

齋藤さん、ありがとうございました!

 

そして、アスパムを後にして、行ってみたかった青函連絡船の八甲田丸へ。

今は資料館となってずっとこの場所に停泊しています。

f:id:studiofnc:20160610164132j:plain

青函連絡船の歴史をくまなく、見ることが出来ます。

青函トンネルが出来た今、当時の面影はほとんどありませんが、この風景から、北の大地、北海道を結んでいたと思うと哀愁な気分に浸ることが出来ます。

過去には、台風によって遭難事故等もあったこの連絡船。多くの歴史を運んだこの航路は、昭和63年に青函トンネル開業に伴い、その役目を終えたということです。

f:id:studiofnc:20160610164834j:plain

かつて、この窓を見ながら、北海道と本州を結んでいた。

操舵室から見える風景、どんな日もどんな思いも載せて。

 

・・・そんな思いに浸っていると、順路は1階へ??

ん?まだ、下があったのか。。。

エレベータで降りてみると、な、なんと。。。

f:id:studiofnc:20160610165058j:plain

列車がいるではないですか!!!!!!

1Fの車両甲板には、キハ82や、DD16、スユニ50(郵便車)などが現存しています。

f:id:studiofnc:20160610165219j:plain

f:id:studiofnc:20160610165331j:plain

f:id:studiofnc:20160610165416j:plain

f:id:studiofnc:20160610165433j:plain

おー、いい感じです。この雰囲気が本当にいい感じです。

いやー、ゆっくりとまじまじと見てしまいました。

いやー、こうやって、北海道に電車ごと運んでいたわけですね。

まさか、ここで列車に出会えるとは思いませんでした。

 

くまなく散策した八甲田丸。かれこれ2時間ぐらいいたかな。 

f:id:studiofnc:20160610162040j:plain

aomori-hakkoudamaru.com

ぜひ、青森に来たい際は、一度は訪れることをお勧めします。

かなり刺激的ですよ。

 

青森の旅日記は、次回で終了です。

この後、夜の青森を散策し、翌日は、新青森駅方面へ。

向かった先は・・・。

 

f:id:studiofnc:20160110033737p:plain