読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな感じです in 秋田能代

STUDIO FNCの代表の青田ZAPのブログです。東京出身で、街おこし活動の為に秋田県能代市に移住しました。 街おこしや、秋田の魅力、活動レポートなどを自分の感情を大いに含めて書き綴ります。 日記みたいに書いていくので、どうか気軽にお付き合いください。 ちなみに鉄道マニアでもあるため、ブログの半分は鉄道ネタが多いです。 特にE6系こまちと、E233系が大好きです。

2015/09/01 秋の気配がやってくる。

f:id:studiofnc:20150901001522j:image

朝の横浜駅。ここに着く1番列車は、4:22発の桜木町始発、京浜東北線大宮行き。

幾度となくこの列車に乗った。横浜で仕事が終わり、朝まで飲み、そして、この列車に揺られながら東京へと帰宅。こんな生活をずっと続けてきたわけで。

そんな生活もあとわずかとなりました。

この秋、横浜を去ります。自分たちの活動を始めた時期からすると、この場所で過ごしてきた時間は約5年。長いようで短いようで、ほんと、あっという間だったなと。

たくさんの思い出がつまったこの場所で過ごした時間を忘れることはないんだろうなと。

 

感じること、思うこと、いっぱいあって、まだなんかまとめられてない感じだけど、今日はそんなブログをつらつらと書きます。

 

仕事の本気度合いって人それぞれ違うのかなと思います。

仕事の仕方って色々あって、それが、その人にとってどういう風に大切なのかが良くわからなくなったかな。

ある意味で特殊な仕事に就くことができて、色んなことを経験して、それが形になったものを見る。デザインの仕事がどんなに素晴らしいかって1ヶ月とか2ヶ月じゃ理解してもらえないことも良くわかったし。

それでも1年目は我武者羅に過ぎていく時間の中でたくさんの経験をして、それが刺激になって、燃えたぎるやる気の中であっという間に過ぎた時間。

2年目は、途中までは良かった。ほんとに。ただ、ある時から、自分のバランスがすべて崩れていって、思うようにデザインが出来なくなってしまっていたのかも。

今考えると、去年の秋辺り、あの時からきっと、崩壊してたのかなーと。ちょっと気付くのが遅かった。自分にとって何が大事なのか、そして、何が出来るのかを見失ってしまった瞬間でした。

それから、ただ惰性で流れてきた時間。不安と戦いながら、自分の技術に不信感しかなく、デザインなんてクソくらいだと。

そしたら、いつの間にか、作っているものが全部黒くなっちゃってたんですよね。

クリエイターってスランプに陥ると結構抜け出すまで時間がかかるんですね。なぜなら、元の色を取り戻すことができないから、もう一度、新しいものを土台から作り出さなきゃいけないから。だから、とにかく時間がかかる。

結構大変。身体も精神的にも堪えます。

本当は今の職場だって辞めたくないけど、でも、そんな状況の中で、自分の作ったものが出ているところを見たくない。自信のないものを見ても何も感じない。

人の幸せの度合いってその人ごとに違うけど、今の自分にとって、何が大切なのかが、全く見えない。

たくさんの想いの中で導き出した答え。それが、自分の環境を変えることだったのかなと。そして、今、動けるうちに動いておかないと。

後悔しない生き方を。

 

ReSET

 

ですね。

ほんと、面倒な性格です(笑)自分でも思っちゃうぐらい。

 

f:id:studiofnc:20150901001537j:image

 

いつの間にか、暑かった日が過ぎてて、肌寒い秋がやってきてました。

1年がもうすぐ終わっちゃう。忘れないうちに、一歩一歩前に。

誰かのためじゃなく、自分のために。

 

そんな想いがあった8月が終わり、今日から9月が始まる。

 

 

f:id:studiofnc:20150407134049p:plain